撮影について

こんな撮影です

 家族写真の撮影は、いつもの笑顔を大切にしています。
 
 「笑って〜」と作って頂く笑顔と、楽しい時間の中で自然に出てくる笑顔は全く違います。
 子どもたちの、そしてご両親の、みんなでいるときの笑顔は本当に素敵だと思います。
 
 だから撮影はみなさまにカメラマンが合わせます。
 お子様と自由にふれあって、遊んで頂いて、その中の素敵な瞬間を写真として残します。
 
 お子様がカメラマンがいることに馴染んでくだされば、目線をもらう写真も撮っていきます。
 馴染んでから撮影するカメラ目線の写真は、無理に目線を頂く写真とは全く違います。
 実は大人の方もそうなのですけど。(*^^*)
 
 撮影のときは、カメラマンということを忘れて頂くくらいが理想です。
 リラックスした雰囲気になるように、私もお子様と一緒に遊んだり、お話したり。
 そして存在が空気になることができれば、私はいないのと一緒。少し距離をとって、その後はご家族だけの時間。
 
 写真館だと緊張してしまう方も、ナチュラルな撮影だとリラックスしやすいと思います。
 おじいちゃんおばあちゃんとご一緒も歓迎です。ワンちゃんと一緒もいいですよ。
 
 撮影の後には「楽しかったです!」とおっしゃられることが多いです。
 それは撮影というより、家族みんなでめいっぱい遊ぶからなんですけどね。(*^^*)

 家族写真のご相談おうかがいします。お気軽にご連絡ください。^^

こんな気持で撮影しています

 パパママのために、お子様たちの愛らしい姿を写真としてのこしたい。
 子どもたちが大きくなったとき、『きみはこんなに愛されてきたんだよ』と伝わる写真を残したい。

 私は家族の写真は心を残すものだと思っています。
 被写体のみなさまの心と、撮り手である私の心。

 心が写っていない写真は魅力がなく見返すことがありません。
 ぱっと見がきれいよりも、心に響く写真を撮りたい。
 時が過ぎれば何度でも見たくなる、他の人にも見てもらいたくなる写真が撮りたい。

 みなさまはいつもどおりにお子様とふれあってください。
 愛情いっぱいの家族には、いつもの時間の中にも、特別な瞬間が必ずあります。

 その瞬間を写真に残します。
 私がみなさまにあわせます。
 
 いつもの時間の中の特別な瞬間
 
 撮らせて頂けるとうれしいです。

子どもたちが愛しい、みなさまの愛情一杯の表情を大切にしたいのです。
写真をご覧になってくだされば、伝わるかと思います。
もし一枚も何も感じなければ、他のカメラマンさんをお勧めします。